• おせちに入れる料理の種類

    おせちに入れる料理の種類は、決まりがあるわけではないですが定番メニューというのはあります。
    ここでは、おせちに入れる代表的な料理を紹介します。おせちに入れる料理の種類は、地域にもよりますが20種類から30種類が一般的です。


    れんこん・栗きんとん・伊達巻・紅白かまぼこなどは必ず入っている料理と言えるでしょう。他には黒豆・えび・数の子などです。段数は本来は五段が主流でしたが、現在は三段・四段と簡素化されています。


    一段おせちも今では珍しくなくなってきており、スーパーなどでも一段・二段が売られています。
    ここでは本来の五段おせちの料理の中身について解説しましょう。

    五段目は重箱をあけたときに一番最初に目に入る段ですので、お正月らしい口取りや祝い肴、縁起物をつめます。
    四段は二の重と呼ばれており、焼き物が中心になります。

    おせちのことならこちらのサイトをご覧ください。

    えびや鯛、ぶりなどです。三の重はれんこんやごぼう、筑前煮など山の幸を中心につめます。四の重は日持ちのする酢の物が中心。そして五の重は、なにも入れずに空の状態にしておきます。


    幸福ができるだけたくさん入るように空にしておきますが、地域によっては他の重に入りきらなかったものを入れるところもあります。



    4段にするときには空にする五の重を省くだけでいいです。



    3段にするときには二の重に酢の物などもまとめて入れます。


    初の重と三の重は段数が変わっても同じです。
    基本のルールさえ守っていれば後は好きなように彩ることができますよ。

  • おせち関係の真実

    • お正月には欠かせないおせち料理は、地域によって多少は異なるものの、およそ40種類くらいの食材が使用されているため、栄養バランスに優れた料理です。しかし、これだけの食材を揃えて料理するには大変な手間がかかるため、多くの家庭では一部の料理を市販品で賄っているケースがほとんどで、中には全てセットになったセットを購入する家庭も最近では多くなっています。...

  • おせちの特徴

    • お正月には欠かせない料理として、多くのご家庭で用意されているおせち料理ですが、今までは市販の材料を利用して自分で料理を作ったり、お店で販売されている材料をお重箱に詰めることでお手製のおせちを作っているというご家庭も少なくありません。しかし昔ながらの料理は小さなお子さんだと残してしまいがちですし、豊富な種類の料理を全て自分で用意するのは手間も時間もかかってしまうので、お正月など忙しい時期にできるだけ料理をする量は減らしておきたいと考える方も増加中です。...

  • おせちの最新情報

    • おせちは各家庭の味もありますが、最近では高級な食材を揃えたホテルなどで作った市販のものを食べる家庭も増えています。核家族化が増えたことや、昔のようにお正月にお店が長く閉まっていることも少なくなったので、各家庭でお気に入りのおせちを毎年購入している若い世代も多い傾向にあります。...

  • 難しくないおせち

    • 伝統的なおせちは味が濃くて箸が進まない、残ってしまうという家庭も多いようです。もともとおせちは日持ちするように味付けを濃くして調理されたものが多く、昔ながらのおせちは砂糖も醤油もたくさん使っているので、生活習慣病が気になる人は控えたほうが良いと言われるかもしれません。...